腰の痛み

城陽市で腰痛にお悩みの方へ
こんな症状にお悩みでは・・・
□長年腰痛で悩んでいる
□足やお尻にシビレが出ている
□突然、腰に痛みが出た
□腰がぬけて立ち上がれない
□長時間座っていて骨盤が歪んでいる

もちろんこれらは一例です。当てはまらない方は、当整骨院で徹底的に原因を追求し、根本改善に導きます。
腰痛とは
腰痛は「骨盤・背骨のゆがみ」「デスクワークなどで座って姿勢が悪くなる」「前かがみの姿勢が多い」「運動不足などで血流が悪い」「肉体労働で重い物を持つ」などが原因で筋肉が硬くなる(筋硬結)ことで起こります。

そのためマッサージをして筋肉を一時的にゆるめても、すぐに元の悪い状態に戻ってしまいます。
それは、根本的な原因の骨盤・背骨・姿勢などを調整していないためです。


また、男女比として、急性期は男性の方が多く、慢性期は女性の方が多いとされています。

●男性の原因
スポーツ、仕事なども女性に比べてハードな事が腰痛の原因と考えられます。
●女性の原因
産前・産後の骨盤のゆがみや子育てなどで腰の筋肉・関節に負担がかかると腰痛になりやすく、冷え性、便秘などでも腰に負担がかかります。

男女関係なく腰痛には、早期のケアが大切です。
準備中
腰痛の種類
腰痛には急性期の腰痛と慢性期の腰痛に分けられます。

●急性的に起こる腰痛
不意なきっかけで急激に(ギクッと)発生した腰痛のことで「ぎっくり腰」と言われています。医学的な診断名ではなく、一般的な名称です。
不意な動作の際に背骨のズレ(捻れ)が発生し、支える筋肉、関節に強い負担と緊張が走り炎症が起こります。身体を動かすと強い痛みが走り、動作困難になります。

●慢性的に起こる腰痛
根本の骨格である骨盤の歪みから起こります。
骨盤は普段から足を組む、重心が傾くなど、姿勢の悪さやクセにより、骨盤のバランスが崩れます。
骨盤が歪んだ状態で生活をすることにより、左右の足の長さが変わる、左右の肩の高さの位置がズレる、骨盤の左右の高さが変わるなど本来負担の掛からない筋肉や関節に必要以上に負担が掛かり痛みとして現れます。
急性的に起こる腰痛ほど制限がなくても、動作困難になります。

この二つの腰痛に共通していることは、骨盤や背骨の歪みから腰痛が起こるということです。急激にバランスが崩れるか、少しずつバランスが崩れるかにより症状の差はでますが、腰痛が起こる発生機序は基本的に同じです。
準備中
腰痛の治療法
まずは、カウンセリング・検査を詳しく行います。
原因の筋肉に対して、根本的な原因の背骨・骨盤のバランスの調整(骨盤矯正)を行います。

●急性期の治療法
1.冷罨法(アイシング)を行い、炎症を抑えます。
2.その後、電気療法(ハイボルト療法・干渉波電療など)で施術し、痛みの改善を図ります。

●慢性期の治療法
1.温罨法(ホットパックなど)で患部を温める
2.鍼や灸、手技療法(マッサージ)、インナーマッスルの強化を行い、痛みの改善を図ります。

※インナーマッスルを強化する理由とは?
デスクワークなどのPC作業は、前かがみでの姿勢が長時間続き、腹部の筋肉(腸腰筋など)が縮んで血流が悪くなり硬くなってしまいます。
そのため、腹部の筋肉をほぐすと腰・背中が楽になるほか、首・肩・股関節にも良い影響がでます。また、症状により部分的に股関節などの調整も行う事があります。




痛みの強さや期間により個人差はありますが、当院は腰痛に対してさまざまな症例に対応してきました。
「その場は良くなったが、また同じように痛みが出てきてしまった」という経験をお持ちの方は、ぜひ当院の施術をお試しください!
準備中

0774-54-8808

お問い合わせ