ブログ

2020/02/21
院長ブログ
【坐骨神経痛とは...!?】坐骨神経痛になる原因と治療方法の解説




皆さんこんにちは! 城陽市 久津川の想い鍼灸整骨院です。

寒暖差がでてくると、体の色々な部位に不調がでやすいですね。

 


 今回は「坐骨神経痛」についてお伝えしていきます。 


●原因●

坐骨神経痛は、腰椎から出る神経が筋肉の緊張(筋硬結)により締め付けられ、痛みやだるさ・痺れが出てくるような症状です。

放っておくと、痛みやだるさ・痺れがきつくなり歩行が困難になる恐れがあります。

ほとんどが姿勢や骨盤の歪みによる体のバランス異常、身体を支えてくれるインナーマッスル(姿勢筋)の筋肉低下が原因です。




坐骨神経痛になりやすい症状として4つ例をあげてみました。


     腰椎椎間板ヘルニア

 背骨は、7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、その下の仙骨よって構成されています。この椎骨と椎骨の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨組織があります。この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こしてしまいます。  

 同じ姿勢を長時間続けたり、腰に負担のかかる激しいスポーツ、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、 発症する危険性があります。   

 

②腰部脊柱管狭窄症   

 脊柱管は背骨の真ん中にあり、脊髄と、それに続く神経(馬尾(ばび)神経)が通っています。この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、腰椎で発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰のだるさや足のしびれなどの症状を起こします。

 先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。 

 

③変形性腰椎症  

 腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすのが変形性腰椎症です。   

 原因としては、加齢、同じ姿勢を長時間続ける、スポーツや運動などで腰に強度な負担をかける、などがあげられます。また、変形性腰椎症は脊柱管狭窄症の原因にもなります。    

 

④梨状筋症候群

股関節外旋筋の梨状筋が体の歪みや肉体疲労などで筋肉がこり固まり(筋硬結)、坐骨神経を圧迫し、お尻・太もも・ふくらはぎに痺れ・ダルさなどの症状がでます。原因として長時間座る運転やゴルフなどが挙げられます。

 

この他にも、腰椎分離症やすべり症、外傷による圧迫、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、糖尿病、アルコール依存症、喫煙、ストレスなどの原因で起こる場合もあります。また、これらの疾患や原因がなく、発症することがあります。

 


●治療●

まず骨盤矯正で体の歪みを矯正し、その後痺れ、だるさ、痛みにハイボルト療法でアプローチします。

個人差はありますが23回の治療で痛み、ダルさ、痺れは解消します。

その後、楽トレ(インナーマッスル療法)を行い、筋力低下を予防します。

神経痛は根本的な施術で解消していくのが最善です!! 

 

坐骨神経痛やその他 症状でお困りのお方、 城陽市 久津川 想い鍼灸整骨院にお気軽にお問い合わせください

 

 

 

想い鍼灸整骨院では、痛みに対しての早期回復、再発のない施術に力にいれております。

 

久津川 想い鍼灸整骨院

院長 田中哲也

 

〇アクセス

城陽市平川浜道裏11-13

近鉄久津川駅から徒歩で約8分

近鉄大久保駅から車で約8

 

 

アーカイブ

関連記事

2020/02/21
院長ブログ
【坐骨神経痛とは...!?】坐骨神経痛になる原因と治療方法の解説
2020/03/25
院長ブログ
YouTubeチャンネルが出来ました!
2020/03/13
院長ブログ
【腰椎椎間板ヘルニア】ヘルニアによる【足のしびれ】などの原因と治療法
2020/02/28
院長ブログ
【ぎっくり腰】急激に腰が痛くなった!その時の対処法と治療

0774-54-8808

お問い合わせ